インタビュー時年齢:42歳(2019年10月)
障害の内容:重複障害(視覚障害(全盲)、上下肢の肢体不自由、てんかん、発話障害)
学校と専攻:大学・社会福祉系

九州地方在住の女性。未熟児で生まれ、視覚と下肢の肢体障害、てんかんがあった。また出生時から呼吸器が弱く声が出にくく、20歳頃からは発話はパソコンで行っている。高校までは視覚の特別支援学校で学び、大学は通信制に入学し、社会福祉を学んで社会福祉士の受験資格を取得した。卒業までの期間は15年ほど。32歳頃に先天性股関節不全症があることが分かり、現在は電動車椅子を使用している。

語りの内容(テキストのみ)

最初大学は、入るのはいいけど何もしない、それでいいなら入ってください、みたいな誓約書を書かせたと思います。今は、そんなことしないんですけどね。

――ご自身は、そういうふうな誓約書を書かされたときに、そのときはどんなふうに思ったかとか覚えていらっしゃいますか。

取りあえず、何も考えてなかったと思います。入りたいだけだったように思います。

――大学としては何もしませんよっていう感じになると、こう実際に他の学生と同じように学ぶことに関して、ご自身は困ることとかは何かあったんでしょうか。

大量にありました。まず初めに、通信(大学)は、本とか資料とかが大量に段ボール箱で、送られてきます。それを自分で読んで、必要な申し込みをしたり、必要なレポートを書いたり、必要な試験の申し込みをしたりしないといけません。私にも普通の紙で、普通に資料が送ってきます。しかも、シラバスとかテキストとか申込用紙が、全部冊子にとじ込んであるんですね。そうすると、慣れるまでどれが冊子でどれが資料でどれがテキストかすら、よく分からず、ついでに言うと、自分以外の学科の資料とかテキストもまとめて送ってくるので、自分が要るところだけ読んで、自分が要るのだけ使えばいいんですが、それがまずできませんでした。
理由は、要るか要らないかを判断するには、まず読まなきゃいけませんよね。でも読むことができないわけで、だから選びようがない、申込用紙を使って申し込みようがない、そういう状態でした。

――紙の冊子が送られてくる場合、ご自身は、それはどうされるんですか。

教科書は点訳に出しました。でも資料は間に合わないので、学生ボランティアに読んでもらうか、どうしてもというときは、読むだけならパソコンにスキャナーを取り付けて、パソコンに取り込んで読ませました。
夜中じゅうかかって、親に「うるさい」ってよく言われました。でも(大学入学に際しては)親は何もしないのが条件だったので、読んでくれないんで、自分で(スキャナーで)読ませるしかないですよね。
ただ、表とかグラフとか、ワープロで打ってない文字とか、今はどうか知りませんが、新聞みたいな段組みがある文字は、読ませるのが大変でした。しかも、今のとはだいぶ違って、(スキャナーの)速度がめっちゃ遅いんです。だから確か専門書とかだと、スキャナーで取り込むだけで3日ぐらいかかった記憶があります。しかも気付いたら、それが前と後ろが逆(ということもありました)。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧