※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:47歳(2019年1月)
障害の内容:発達障害(ADHD:注意欠陥多動性障害)
学校と専攻:大学・教育と心理(2010年度入学)、大学・生活と福祉(2012年度入学)

関東地方在住の男性。子どもの頃からノートが取れないなど人と違うところがあったが、社会人になり仕事がうまくいかなかった時に診断を受けた。作業所に通い、一人暮らし開始をきっかけに通信制の大学で学び始め、配慮を受けながら非常に多くのことを学んだ。人からは、ムードメーカーだとよく言われる。趣味は折り紙と映画。現在は一人暮らしを続けている。

当時はですね、なかなか発達障害受けてくれる発達の、作業所もなかったんですけど、そこでね、たまたま発達障害受けまして、あの、診断受けて発達、あの、そこで作業所行き始めて、そこの作業所のね、だから教会関係だったんですね。教会関係でそのつながりでですね、アパート空いてるっていう話だったんですね。
それで当時、うちの弟がですね、結婚するってことになってまして、いずれうち出て行かないといけなかったんですね。うち出て行かないといけない、もめるのも面倒くさいですから、じゃあ独り暮らししますって話で独り暮らし始めて、そこで時間が自由になるわけで、前からやっぱりね、あ、放送大学すごくやりたかったなっていうのはあって放送大学に行き始めましたね。それ、2010年の話ですね。

当時、僕が、特別支援教育の勉強をしっかりやりたいっていうのもあって、子供好きっていうのもあったから、そこで勉強したいっていうのもあってね、いろいろ見てみたら、ね、わりと特別支援教育の科目とかもあったし。
まあ、放送大学ってね、教養学部なんで、いろいろ面白そうな科目があったんで、好奇心強かったんですね、いいなと思って入れました。入って、非常に楽しかったですね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧