※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:42歳(2019年4月)
障害の内容:聴覚障害(難聴)
学校と専攻:大学・政治学(1996年度入学)、大学院(2000年度入学)、アメリカPh.D.プログラム(2006年度入学)

関東地方在住の女性。小学校低学年の時に、担任の先生に言われて感音性難聴だと分かり、中学あたりで徐々に聴力が下がった。小さい頃から政治に関心が強く、研究者になることを決めていた。大学では政治学を専攻し、勉強以外ではサークルやアルバイトも楽しみ、その後、大学院に進学して日本とアメリカの両方で博士号を取得した。現在は、大学に研究職・教員として勤務。夫と聴導犬と一緒に暮らしている。

私、政治学、ポリティカル・サイエンスを研究したかった、勉強したかったので、そういうところがある、Ph.D.のプログラムある、先輩たちもみんな留学してたので私もそのレールに乗ろうと、いろんな大学に先輩たちが行ってたような何かアイビーリーグとか、UCなんとかとか、そういう高いところにアプリケーション出したんですけど、何か通らないんですね。
で、まあ、TOEFLとかGREとかいろいろ試験あるんですけれども、GREの点数そんな、わる、良くなかったっていうのもあるのも一因かなっと思いましたし、あとTOEFLのリスニングの試験があるんですけど、そこの部分、私聞こえないので、あの、米印になっててトータルの点数が出ないんですね。なので、それを提出すると、もしかしたら書類段階ではねられてたかもしれないっていうのもあって、真相は全然分からないんですけど。
で、実際、私を受け入れてくれた大学の先生が、「もしかしたら、聞こえないから多分、はねてた可能性もある」っておっしゃってたので、うん、全然真相は分からないですけど。なので私は、あのアイビーリーグとか、UC何とかみたいなトップレベルなところじゃない大学に留学行ってます。でも、結果的に、そのランクですごい良かったと思います。うん。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧