※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:42歳(2019年4月)
障害の内容:聴覚障害(難聴)
学校と専攻:大学・政治学(1996年度入学)、大学院(2000年度入学)、アメリカPh.D.プログラム(2006年度入学)

関東地方在住の女性。小学校低学年の時に、担任の先生に言われて感音性難聴だと分かり、中学あたりで徐々に聴力が下がった。小さい頃から政治に関心が強く、研究者になることを決めていた。大学では政治学を専攻し、勉強以外ではサークルやアルバイトも楽しみ、その後、大学院に進学して日本とアメリカの両方で博士号を取得した。現在は、大学に研究職・教員として勤務。夫と聴導犬と一緒に暮らしている。

私が大学を入った頃はそういった窓口が一切なかったので、まずその相談をするっていう概念も自分になかったですね。なので、もういきなり入っちゃって授業に出席して、高校のときと同じようにFMマイクを先生に持って行って、聞こえないのでこのマイク付けてくださると私のところに直接音が届くので付けてくださいませんかって毎回、毎回授業の最初にお願いしてっていう感じで進めていったので、大学そのものに、組織に相談したっていう経験はないですね。

――そのFMマイクを教員に付けてもらって講義を聞いていると、それは、聞こえるんですか、FMマイクだと?

うーん。大学までくるとかなり内容が難しくなってくるので、聞こえてても何のことか分からない、っていうことが、たまに授業によってはありました。
全く分からない、例えば、記号論理学みたいな哲学系の授業だと、もう本当、確かに何言っているかは分かるし、何言っているかを書けって言われたら書けるんですけど、でも何か頭に入ってこない、みたいな感じになってきて。

――特に、例えば資料を先にもらったりとか、そういうこともなかったですか?

何か、全然思い付かなかったですね、その資料を先にもらうとか思い付かなくて。あと結構先生方、レジュメって配ってたので、それを見ながらとか。なので、他の学生との違いといえば遅刻しないで、先生が来るのを待ってて、先生が来たらマイクを渡しっていう、それだけでしたね。でも、遅刻できないっていうのがありましたけど。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧