インタビュー内容テキスト

便潜血検査と痔の関係ですね。確かに痔からの出血でそれを拾うこともあるかもしれません。ただ、100人受けてそのうち6~7人ぐらいの陽性率なんですね、便潜血検査は。実際に内視鏡をやっておりますと、大なり小なり痔を持っていらっしゃる方はもっと多いので、必ず痔があれば陽性となるわけでもありませんし、痔の治療をなさる場合には、だいたいどこの痔の専門病院でも、腸のほうに病気がないかどうか、本当に痔の出血だったかどうかということを確認するために大腸内視鏡検査を行って、その痔の治療をすると。あるいは、痔の治療をしたあとに大腸内視鏡検査を必ず行うようにしております。
だから、どちらから出たのかというのは便を見るだけではわからないので、必ず便潜血検査が陽性であれば、痔だけじゃなくて、肛門だけじゃなくて腸のほうにも出血原因がないかどうかを調べる必要は必ずあります。そのとき陽性と出て、自分は痔を持っているから痔だと自己判断せずに、やはり検査を1回はお受けいただいて、そこで腸に何もないというのを確認したら、痔だったかもしれないということになるかもしれません。ただ、やっぱり必ず、痔を持っていても大腸の検査は受ける必要がありますので、ぜひそのへんはしっかり考えてお受けいただきたいと思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言