インタビュー内容テキスト

で、そのときに初めて、あのー、内視鏡…ということで、あのー、経験したんですけども。ただ、1回目のときには、ちょっと、あのー、何ていうんですか、入りが悪かったみたいで、えーと、全部見れなかった。で、えーと、そのときは、ひとつちょっとがんがあったのは見つけたんですけども。で、もう1回ちょっとお医者さんのほうで来てくださいということで、でー、1週間後ぐらいかな、行きましたら、やっぱりあのー、「がんです」と。で、そのときに、ま、わたしはちょっと分からないんですけども、あの、色着く何か薬を中入れて、もう完全に「がん細胞です」ということを言われて、で、そこでもう…なんですか、手術しないと駄目だっていうことを、もうそのときに言われて、でー、ま、……自分の中では、要するに予定外、…のふうにはなったんですけども。……で、そこからは、やっぱりそのー、手術に向かって、ま、いろんなことをしなきゃいけないということで、まず、やっぱり、考えたのが、…あのー、要するに、手術のお金が一番かかるのは聞いていましたんで、それで、まあ、あのー、会社の、っていうか社長のほうへ相談したら、「先に、あの、あのー、手続きすれば、それは何とかなる」と言われて、そちらの手続きには、しに行ったんですけども。

―― あ、そうか、もう最初からもう早期ですっていうことで。

もう、うん、もう…言われたもんで。だから、手術的には、要するに、それほどの、要するに不安はもう…ないわけなんですよ。ええ、だから、その…あとで、結局、じゃ、次はっていうと、やっぱり、命は、要するに、まず、…まず、普通はOKだっていうことだったもんで、じゃ、次はというと、やっぱり、…お金になっちゃうわけじゃないですか、ええ。で、あとは、保険の見直しやら、そういうのを、こう、次の段階になっちゃう。要するに、ね、命が助かるってなれば、次は、そっちになっちゃうわけですよね。うーん、で、あと、やっぱり、子どもの、その費用やら何やらの頭も、授業料やらね、生活費やらの頭も、やっぱ、あるもんで。だから、そういう保険の、全部見なおしたっていうのが実情ですよね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言