※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:49歳
インタビュー時:51歳(2012年5月)

東北地方在住。会社員。現在は一人暮らしで、離れて暮らす子どもがいる。会社の定期健診で受けた便潜血検査で陽性となる。勤め先の社長の強い勧めで内視鏡検査を受けたところ、直腸に早期の大腸がんが見つかった。医師からは運が良かったと言われた。がんと診断されたとき、一番心配したのは治療費のことだったが、補助制度があることを知り、全額払うことなく手術を受けることができた。

だから、あのー、全国の、例えば、所課長会議とか行っても、……変なんですけど、売上の話とか仕事の話…しか出なくて、健康の話は、はっきり言ってゼロですね、ええ。結局、長期休むということがまず、要するに、まあ、何というんですか、駄目というかね、うーん、あまりそういう、そこまではなかなか言いづらい部分もあったですし。例えば、冠婚葬祭にしても、結局都市系は、大体3日くらいで終わるじゃないですか。それ以降は、休むなっていう、やっぱりそういう、規定じゃないんですけども、休みづらい。だから、検査で、例えば何日休むっていうのは、なかなか言いづらい部分はありましたよね、ええ。

―― 結構あのー、大きい病院、あ、ごめんなさい、大きい会社とかだと、あのー、産業医さんとか、まあ、それに近い立場の、ま、スタッフの方がいたりして、その保健指導であるとか、もっと検診受けてくださいとかって、そういう働きかけをしているようなところもあるんですけど、そういうのはなかったですか。

それも、なかったですね、ええ。ただ、……どうなんですかね、わたし辞めてから、あのー、上場しています、まあ店頭公開していますんで、そうなった場合ちょっと、どうなったか分かりませんけども、その前までは、そういうのはない、はっきり言ってなかったですね、ええ。

―― じゃ、一応、健康診断はあるけれども、それを受けて、結果がどうであれ、そのあとどうするかっていうのは、もう各個人に任せられているし。

そうです。

―― あのー、仮に再検査の必要があっても、行ったりとか、いうのも。

そうです、要するに行けともないですし、うん、で、再検査が、要するに、来たのすら言わないですよね、うん。で、言う人は言って行く人もいるんでしょうけども、結局、ま、忙しいからね、それにかまけて、結局ずるずると行かなくなったりね、っていうのが、やっぱり、そういうほうが多いんじゃないですかね、ええ。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧