※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:49歳
インタビュー時:51歳(2012年5月)

東北地方在住。会社員。現在は一人暮らしで、離れて暮らす子どもがいる。会社の定期健診で受けた便潜血検査で陽性となる。勤め先の社長の強い勧めで内視鏡検査を受けたところ、直腸に早期の大腸がんが見つかった。医師からは運が良かったと言われた。がんと診断されたとき、一番心配したのは治療費のことだったが、補助制度があることを知り、全額払うことなく手術を受けることができた。

―― 今はいろいろご病気についてもご自身の経験もあって、ご存知だと思うんだけれども、それ以前は、あまりその、まあ、大腸がんも含めてがんについての知識とか、そういうことはあまりなかったっていう。

いや、ほとんど、ほとんどないです、ええ。たまに、あのー、ぼーっとテレビ見ているときに、入るのを、たまにぼーっと見ているくらいで、それを真剣にね、どうのこうのっていうのは、要するに頭に中に入っていないですよね、ええ。…だから、がんになって、要するに、どうなのっていうのは、まあ、はっきり言えば、がんになれば、要するに、死というのが、…すぐ…ありましたんで、うん。だから、それぐらいなもんでね。で、それが、今は、自分がこうなったことによって、手術したら、要するに何ともね(ない)、っていうのは、もう、あのー、自分が経験して初めて分かったっていうかね、ええ。その前までは、もう全然、がんになりゃ死ぬんだなっていうくらいしかなかったですね、ええ。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧