※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:49歳
インタビュー時:51歳(2012年5月)

東北地方在住。会社員。現在は一人暮らしで、離れて暮らす子どもがいる。会社の定期健診で受けた便潜血検査で陽性となる。勤め先の社長の強い勧めで内視鏡検査を受けたところ、直腸に早期の大腸がんが見つかった。医師からは運が良かったと言われた。がんと診断されたとき、一番心配したのは治療費のことだったが、補助制度があることを知り、全額払うことなく手術を受けることができた。

はい、えーと、一番最初、えーと、見つかったのは、えー、会社の定期的な健康診断で。で、そのときに、検便を、えーと、2日分採るということで、えー、採って検査のほうへ出したんですけども、その、えーと、どっちかのほうに、えー、血が混ざっていたということで、連絡が入りまして。でー、再検査…の通知をいただきました。でー、本来であれば、実際問題、1回ですんで、はっきり言えば行ってね、うん、あのー、よく周りから聞けば、痔だったり、ええ、ポリープ程度だったっていうのは、よく聞きましたので。うーん、自分としては、それほど重要視していなかったんですけども。でー、まあ、会社の社長のほうからは、もう再三、再検査…行けということを言われましたんで。

―― じゃ、まさに、晴天の霹靂というか。

そう…ですね。

―― ぜん、体の体調とか、そういうのも大丈夫だった。

そうです、ええ。

―― ああ…。

だから、うん、いや、ほんと、運だけですよ。で、あとは、社長の…要するに……言葉というか、命令というか(笑)、とにかく行けっていう…ねえ。

―― じゃ、ほんとに、ま、運がよかったって。

そうですね、ええ。社長の多分…経験上、やっぱり必要だということなんでしょうね、ええ。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧