※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:49歳
インタビュー時:51歳(2012年5月)

東北地方在住。会社員。現在は一人暮らしで、離れて暮らす子どもがいる。会社の定期健診で受けた便潜血検査で陽性となる。勤め先の社長の強い勧めで内視鏡検査を受けたところ、直腸に早期の大腸がんが見つかった。医師からは運が良かったと言われた。がんと診断されたとき、一番心配したのは治療費のことだったが、補助制度があることを知り、全額払うことなく手術を受けることができた。

で、そのときに初めて、あのー、内視鏡…ということで、あのー、経験したんですけども。ただ、1回目のときには、ちょっと、あのー、何ていうんですか、入りが悪かったみたいで、えーと、全部見れなかった。で、えーと、そのときは、ひとつちょっとがんがあったのは見つけたんですけども。で、もう1回ちょっとお医者さんのほうで来てくださいということで、でー、1週間後ぐらいかな、行きましたら、やっぱりあのー、「がんです」と。で、そのときに、ま、わたしはちょっと分からないんですけども、あの、色着く何か薬を中入れて、もう完全に「がん細胞です」ということを言われて、で、そこでもう…なんですか、手術しないと駄目だっていうことを、もうそのときに言われて、でー、ま、……自分の中では、要するに予定外、…のふうにはなったんですけども。……で、そこからは、やっぱりそのー、手術に向かって、ま、いろんなことをしなきゃいけないということで、まず、やっぱり、考えたのが、…あのー、要するに、手術のお金が一番かかるのは聞いていましたんで、それで、まあ、あのー、会社の、っていうか社長のほうへ相談したら、「先に、あの、あのー、手続きすれば、それは何とかなる」と言われて、そちらの手続きには、しに行ったんですけども。

―― あ、そうか、もう最初からもう早期ですっていうことで。

もう、うん、もう…言われたもんで。だから、手術的には、要するに、それほどの、要するに不安はもう…ないわけなんですよ。ええ、だから、その…あとで、結局、じゃ、次はっていうと、やっぱり、命は、要するに、まず、…まず、普通はOKだっていうことだったもんで、じゃ、次はというと、やっぱり、…お金になっちゃうわけじゃないですか、ええ。で、あとは、保険の見直しやら、そういうのを、こう、次の段階になっちゃう。要するに、ね、命が助かるってなれば、次は、そっちになっちゃうわけですよね。うーん、で、あと、やっぱり、子どもの、その費用やら何やらの頭も、授業料やらね、生活費やらの頭も、やっぱ、あるもんで。だから、そういう保険の、全部見なおしたっていうのが実情ですよね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧