インタビュー内容テキスト

だから、あのー、全国の、例えば、所課長会議とか行っても、……変なんですけど、売上の話とか仕事の話…しか出なくて、健康の話は、はっきり言ってゼロですね、ええ。結局、長期休むということがまず、要するに、まあ、何というんですか、駄目というかね、うーん、あまりそういう、そこまではなかなか言いづらい部分もあったですし。例えば、冠婚葬祭にしても、結局都市系は、大体3日くらいで終わるじゃないですか。それ以降は、休むなっていう、やっぱりそういう、規定じゃないんですけども、休みづらい。だから、検査で、例えば何日休むっていうのは、なかなか言いづらい部分はありましたよね、ええ。

―― 結構あのー、大きい病院、あ、ごめんなさい、大きい会社とかだと、あのー、産業医さんとか、まあ、それに近い立場の、ま、スタッフの方がいたりして、その保健指導であるとか、もっと検診受けてくださいとかって、そういう働きかけをしているようなところもあるんですけど、そういうのはなかったですか。

それも、なかったですね、ええ。ただ、……どうなんですかね、わたし辞めてから、あのー、上場しています、まあ店頭公開していますんで、そうなった場合ちょっと、どうなったか分かりませんけども、その前までは、そういうのはない、はっきり言ってなかったですね、ええ。

―― じゃ、一応、健康診断はあるけれども、それを受けて、結果がどうであれ、そのあとどうするかっていうのは、もう各個人に任せられているし。

そうです。

―― あのー、仮に再検査の必要があっても、行ったりとか、いうのも。

そうです、要するに行けともないですし、うん、で、再検査が、要するに、来たのすら言わないですよね、うん。で、言う人は言って行く人もいるんでしょうけども、結局、ま、忙しいからね、それにかまけて、結局ずるずると行かなくなったりね、っていうのが、やっぱり、そういうほうが多いんじゃないですかね、ええ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言