インタビュー内容テキスト

検診、市のほうの、検診っていうのは、よく回覧とかでも回ってきますし、保健所のお便りとかでも…くるんですけれども、年齢とか、あとは、……何、何だろう、何か自分が……関係ないような(笑)感じがして、…あんまり気に止めてなかったですね。…全ての検診、検便とかそういったもの以外の肺がんだとか乳がんとかも含めて、胃がんとかも含めて、…多分、年齢のこともあったのかもしれないけれども。あとは、その主人のほうの人間ドックは、主人には言われ、「受けて」って言われていたんですけれども、それ以上のこう強い勧めとかいうのがなかったので。

―― あっ。

はい。

―― じゃ、まあ、それを、まあ、ほっておけば、また1年何もせずに。

そうですね。

―― 次のまたお知らせがくるっていう、そういう感じ。

そうですね。そんな感じだったので、はい。特に積極的に…ていうのはなかったっていうのと、あと、多分、自分の体の調子が…悪かったりすると気になったりするんだろう…なと思うんですけれども。……うーん、多少、悪かったとしても、…そうですね、何か、そんなに気になるほどではなかったっていうのがあるかもしれないですね、はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言