※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:45歳(2012年4月)

女性・首都圏在住。大腸がん検診は夫の会社からの補助を利用して、人間ドックで3~4年前から受けるようになった。それまでは、子育てが大変だったし、体に異変を感じることもなかったので、時間をとって人間ドックを受けようという気持にはならなかった。ただ、定期的に受けることによって、自分の体に関心を持てるし、早く発見することで早く治療ができるかもしれないので、市の検診も含めて受けていきたいと思う。

検診、市のほうの、検診っていうのは、よく回覧とかでも回ってきますし、保健所のお便りとかでも…くるんですけれども、年齢とか、あとは、……何、何だろう、何か自分が……関係ないような(笑)感じがして、…あんまり気に止めてなかったですね。…全ての検診、検便とかそういったもの以外の肺がんだとか乳がんとかも含めて、胃がんとかも含めて、…多分、年齢のこともあったのかもしれないけれども。あとは、その主人のほうの人間ドックは、主人には言われ、「受けて」って言われていたんですけれども、それ以上のこう強い勧めとかいうのがなかったので。

―― あっ。

はい。

―― じゃ、まあ、それを、まあ、ほっておけば、また1年何もせずに。

そうですね。

―― 次のまたお知らせがくるっていう、そういう感じ。

そうですね。そんな感じだったので、はい。特に積極的に…ていうのはなかったっていうのと、あと、多分、自分の体の調子が…悪かったりすると気になったりするんだろう…なと思うんですけれども。……うーん、多少、悪かったとしても、…そうですね、何か、そんなに気になるほどではなかったっていうのがあるかもしれないですね、はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧