プロフィール

インタビュー28

ドロシー
事件当時:61歳
インタビュー時:65歳
事件当時、公務員(現在は引退)。既婚、2子あり(1人が死亡)。2005年、廃棄物•リサイクル工場で働いていた息子のマークが、労災事故で死亡。ショックと怒り。カウンセリング、催眠療法、および友人達の支援をうけた。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

あなたの様に、労働災害でご家族を亡くされたご遺族の方々に何かメッセージはありますか?

はい、こう言いたいですね。警察とか、衛生安全委員会、それに公訴官など、そういった公的部門の人たちがあなた達の味方だとか、あなた達に有利なように働きかけてくれるだろうなんて思わないことですね。自分の周りにいる味方、優れた弁護士とか、労災の場合なら企業説明責任問題に関するセンターとか、そういう立場の人たちと共に強くならなければいけません。そして、私のように息子や娘を失った時など、コンパッショネイト・フレンズというチャットサイトがとても役に立ちます。それから、闘わなければいけません。公正を求めて闘いに闘い抜かなければ、正義はそう簡単には勝ち取ることができませんから。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11078 (17) { ["term_id"]=> int(48) ["name"]=> string(27) "他者へのメッセージ" ["slug"]=> string(15) "messages-others" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(48) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(45) ["count"]=> int(9) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(48) ["category_count"]=> int(9) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(27) "他者へのメッセージ" ["category_nicename"]=> string(15) "messages-others" ["category_parent"]=> int(45) } }
同じテーマの語りを見る