ドロシー
事件当時:61歳
インタビュー時:65歳

事件当時、公務員(現在は引退)。既婚、2子あり(1人が死亡)。2005年、廃棄物•リサイクル工場で働いていた息子のマークが、労災事故で死亡。ショックと怒り。カウンセリング、催眠療法、および友人達の支援をうけた。

語りの内容(テキストのみ)

あなたの心の中のお気持ちですが、仮に変化があったとして、どんな風に変わりましたか?今でもまだ同じですか、それとも何らかの形で変わりましたか?また別の感情なども加わりましたか?

あの当時は、マークのことを考えない日はなかったと思います。それから、怒りもどうにか処理してました。と言いますか、怒りをいつも抱えていましたけれど、上手に隠していました。ここ何年間いろいろな人たちに出会いました。司法関連や政治家の人たちにも。幻滅はますます大きくなるばかりです。この国の制度など、とても信用できませんよ。時には普通の人たちでさえも信用できないのです。それでも善意を尽くしてくれる人たちに出会うこともありますけどね。他人を援助したり、キャンペーンを行なったり、いろんなことと闘ってくれたりして。
どうなんでしょ、幻滅は深まるばかりかもしれないけど、何だか怒りは、収まってきたとは言いませんが、いつも感じてます。感じてますけど、押し殺していると言うか、コントロールし続けていますね。たまに人生なんて生きる価値がないと思う日もありますけど、でも、頑張って何かしないといけないとも思うのです。その日によって違った受け止め方をしていると思います。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧