インタビュー時:65歳(2013年7月)

女性・関東地方在住。在日韓国人二世である。現在子どもの扶養家族になっており社会保険(共済)で便潜血検査を含む健康診断を受けている。育児に専念した15~6年間は夫の社会保険の主婦検診の対象になっていたものの、受ける余裕はなかった。その後、再就職して便潜血検査を受検した際に陽性になり内視鏡検査を受けたが、その時の心身の不快感は忘れられない。以降内視鏡検査は受けていないが、子どもたちが成人して少し余裕が出てきたので人間ドックに入ることも検討している。

語りの内容(テキストのみ)

―― ああ、じゃ、えー、職場に復帰されて、えーと、そこは、えーと、病院でしたっけ、あ……。

病院ですね。

―― 医療センター。

医療センターですね、病院ですね。

―― で、そこでは、…、毎年受けてらっしゃいましたか。

ええ、毎年受けました。

―― ああー、で、その結果はどんな感じでしたかね。

ええ、あのー、出血があったのでひっかかって、それで受けに行きました。

―― 内視鏡検査。

内視鏡検査を。

―― で、そのときに、じゃ、受けようってすぐ思われて、で、そのあとどうされました、調べました。

あのー、近くの、ええ、あのー、大きな病院に行って調べましたら、あの、ま、きれいだったんですけれども、「ま、痔のためですね」って、「きっと」って言われて、それで「痔がありますよ」って、それを何か結構大きな声で言われたので、すごく恥ずかしいかったので、も、内視鏡検査、痛くも何ともなかったんですけど、違和感があったぐらいで、何か二度と行きたくないなってそのとき思ったんです(笑)。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧