※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:71歳
インタビュー時:78歳(2012年12月)

首都圏在住。便が細くなっていることが気にかかり、市が行っている便潜血検査を受けたところ、陽性だったため、内視鏡検査を受けることに。検査では大きなポリープが見つかり、病理検査の結果、初期のがんであることが分かった。開腹手術を受けたが、その後の経過は順調で、大きな病気をすることなく現在まで暮らしている。便潜血検査を受けたのはこのときが初めてだったが、術後は2~3年おきに検査している。

ちょっと便が細く…便の状態がですね、えー、細くなってきたことがありまして、それでちょっと気にかかってたところで、あの…市の検診がありましたので、その検診を受診したところ、まあ、あの、便の潜血検査で…便に潜血ありという診断が出まして、精密検査を受診することになりました。

―― 具体的な、えっと、申し込むと、どこか、あの、例えば医療機関に行って、一式、検査。

いや、一式、潜血検査のあの、あれは、用具は一式送ってくるんですよ。

―― あ、そうですか。

それで送り返すんです。そして、結果だけ送ってくるんですね。陽性か陰性かという結果だけを。それで陽性の場合には精密検査を受けてくださいよ、という通知が結局来るんで、それを持って今度は大きな病院に行って、内視鏡の検査を依頼するわけです。

―― そうですか。なるほど、はい、わかりました。じゃあ、あの、市の検診でそういうのがあるというのは常に知っていたけれども、その時は、ちょっとあの、便の状態がいつもとは違うので、検査を受けてみようと。

そう、そうなんです。あの、毎年来ますけれども、毎年受ける必要もないかなとも、思ってますんでね。

―― それはあの、検査項目としては、大腸がんの他にも、他のがんも検診は受けられるようになってるんですか。

えーっとね、あれは、大腸がんは大腸がんの、潜血検査は潜血検査だけの申し込みだったと思います、はい。

―― ちなみに、たまに、あの、便潜血検査が大腸がんの検査だっていうのをご存じない方もいらっしゃるんですけれども、それはご存じでしたか。

僕は、それは知っていました、はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧