※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:71歳
インタビュー時:78歳(2012年12月)

首都圏在住。便が細くなっていることが気にかかり、市が行っている便潜血検査を受けたところ、陽性だったため、内視鏡検査を受けることに。検査では大きなポリープが見つかり、病理検査の結果、初期のがんであることが分かった。開腹手術を受けたが、その後の経過は順調で、大きな病気をすることなく現在まで暮らしている。便潜血検査を受けたのはこのときが初めてだったが、術後は2~3年おきに検査している。

―― それでその、腸のカメラの検査でポリープがあるということが分かって。ただ、その時点では、がんかどうかっていうのは詳しく検査してみないと。

ええ、分かりません。それで、ちょっとね、先生も、「ポリープ大きいな」というようなことを話されてました。「普通より大きいよ」と、いうような声が、ちょっとまた耳に入りましたんで、モニターを見たら、おー結構モニターにも大きく映っていましたんでね。これはほんと大きいなと自分でも思いました。

―― その時あの、先生のほうから、「がんの可能性もあるかもしれない」という話は。

いや、それはなかっ、ありませんでしたね、ええ。とりあえず、このポリープは削除しますよ、切除しますよ、と。で後で、細胞診、細かく細胞診で診ますから、という話だけでしたね。

―― で、えー、細胞診の結果、がんがあると。

結果、がんがあると。がんの疑いがあると。だから外科に行って相談しなさいよと、いうことです。

―― その外科というのは、同じ病院の中で。

同じ病院の中の外科ですね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧