※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:55歳
インタビュー時:59歳(2013年1月)

首都圏在住。以前は公務員、現在は無職である。2008年7月に直腸がんと診断され、リンパ節への転移、多発性の肝転移もあった。便潜血検査は、職場の健康診断のオプションだったので特に付けることはなかった。発見のきっかけは排便時の出血で、すぐにかかりつけ医に行き総合病院を紹介された。それまでは、便通も普通で、下血もなかった。これまで7回手術を行い、抗がん剤治療を続けてきた。現在は、食生活に気を配りながらマイペースで暮らしている。

わたしはですね、あのー、トイレで排泄が終わったあとに、あのー、まあ、ティシュペーパーに、そのお尻を拭いたときにテッシュペーパーに、ちょっと茶褐色のものが付いたんで、これは尋常なのかな尋常じゃないのかなっていうふうに思ったんですが、とりあえず、でも、何か、あのー、要するに排便があるたびにそういうことが、その当日1日ですけども、その繰り返されていたんで、やっぱり不安に思ってかかりつけ医を受診しました。で、かかりつけ医に、病、状態を話し、えー、まあ、「黒褐色の、あのー、ものが付きますよ」と言ったらば、じゃ、その足で、あのー、「総合病院を紹介しますから、そこに行ってください」というとで、総合病院の救急外来を、に行って。
で、あのー、まあ、肛門から、手を、触診ですね、触診を、こう…して。で、まあ、貧血も、血液全部調べました。で、貧血はなくて、触診をして、何か先生方が、こう、何か、2人の先生、研修医とあと普通の先生だったと思うんですけども、その方々が何か不穏なような空気で、こう、ちょっとはじっこに寄って小声で話していたんで、「これはいったい何があるんだろう」という疑問はあったんですが、ま、それが、もう病気の始めで。もうあとは「もう、早くに入院してくださいね」っていうことで。で、早目に入院をしまして、検査をしたらば、ま、あー、ま、がんであったと。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧