※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー23

インタビュー時:79歳(2012年11月)
関東地方在住。35年前にひどい下痢が続いた後、注腸検査をしたところすぐに入院となり大腸を30センチ切除した。家事や家業で忙しくしており、検診は受けたことはないし、あったかどうかもわからない。子どものころから便秘症であり、お腹の調子には悩まされてきた。医師からは一度も「がん」と診断されたことはないが、それは医師の気遣いであり、自分ではがんだったと確信している。

詳しいプロフィールを見る

そのときは、あのー、先生が診てもそんなたいしたことないと思ったのに、やっぱりその、疲れがずっとたまっていたのかなんかね、あのー、2度目のその出血で、ただごとじゃないなと思って、もういっぺん先生が(検査に)出されたんですよね。うーん、だから、その見つかっただけでもね。それは、前は見つからなかったんですからね。先生が指を入れられてもね、そのー、ビニールの、こう、(手袋を使って)、入れるんですよね。で、そのときに、何も当たらなかったということで、先生が安心されたんだけど、大体わたしは、直腸のほうが今までなってないんですよね。奥のほうばっかりだったから、先生がちょっとそんとき油断なさったんですよね。だけど、その翌月にまた出血したから、今度は絶対何かあると思って、わたしも、すぐに飛んで行ったでしょう。で、それを、先生が取って、そのときは、その前は取らなかったんですよね。何も当たらなかったら、手に当たらなかったからって言って。でも、それが、ま、間違いだったんだけど、うん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12124 (17) { ["term_id"]=> int(76) ["name"]=> string(37) "注腸X線検査とその他の検査" ["slug"]=> string(7) "tyutyou" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(78) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(10) ["count"]=> int(10) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(76) ["category_count"]=> int(10) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(37) "注腸X線検査とその他の検査" ["category_nicename"]=> string(7) "tyutyou" ["category_parent"]=> int(10) } }
同じテーマの語りを見る