※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:79歳(2012年11月)

関東地方在住。35年前にひどい下痢が続いた後、注腸検査をしたところすぐに入院となり大腸を30センチ切除した。家事や家業で忙しくしており、検診は受けたことはないし、あったかどうかもわからない。子どものころから便秘症であり、お腹の調子には悩まされてきた。医師からは一度も「がん」と診断されたことはないが、それは医師の気遣いであり、自分ではがんだったと確信している。

ええ、それにどんどん痩せていくでしょう、顔色悪いでしょう。朝ね、女はね、お化粧をすればね、ある程度ね、人さまに見られる顔になるんですけど。わたしは、大体、あんまりお化粧しないたちだったんですけど、朝、顔を洗ったときに、自分の顔見て、もう、うひゃっーと思うようになったんですね、痩せてきて、それに色が悪くて。だって、50%貧血でしたから、測ったらね。だから、顔色いいわけないでしょう。だから、あのー、朝、少し、お化粧しましてね、あのー、ぼかしましたですよ、うん。だから、そういうのは、まだ、そんなにがんということが、あのー、明るみに出ていない時代ですけれども、やっぱりね、先生たちが、これだけ何か、あのー、色めきたってらっしゃるのは、やっぱりね、いい病気ではないと思って、自分ではそう思っていました。うーん、痩せていくし、食欲がないんです、大体、はい、はい。だから、それが、ここの家族は、もう食べることがすっごくすごくて、夫もそうですけども、血圧高いのによく食べてよく寝る方たちだったんですけど。わたしは、割りに神経質で、もう、ほんとたくさん食べないし、あのー、神経細いし(笑)、血圧低いんです、私だけが。はあ、はあ、あとは、みんな、高血圧なんです。
ええ、だから、そういう中でね、あのー、家事は最後までやっていましたよ。入院する朝まで、お食事作って食べさせて、みんなのお茶碗を洗って出かけようとしたら、初めて、その姑が、「きょうは片づけはわたしがやるから」ってね、申しましたの。で、わたしが、「いつもやった、やっていることをやらないと、わたしもう無事にここへ帰ってこれないかもしれないから、ちゃんとやって行きます」って言って、自分はご飯を食べるあれがないから、食べないで、全部、片づけてきれいにしていきました。(笑)入院するときもね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧