※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:79歳(2012年11月)

関東地方在住。35年前にひどい下痢が続いた後、注腸検査をしたところすぐに入院となり大腸を30センチ切除した。家事や家業で忙しくしており、検診は受けたことはないし、あったかどうかもわからない。子どものころから便秘症であり、お腹の調子には悩まされてきた。医師からは一度も「がん」と診断されたことはないが、それは医師の気遣いであり、自分ではがんだったと確信している。

で、今は、あのー、今は、あれです、…あのー、麻酔かけられるから、もう、全然、全然、あのー、記憶にないんです。その40回ぐらいまでは麻酔かけないでやっていますから。

―― どうでしたか。

うーん。

―― やっぱり、痛いかったですか。

でもね、その痛いことがあっていいんですよ。麻酔かけないでやっている、あのー、麻酔かけないでやっている時代に、あのー、大事なとこまで、そのあれ(内視鏡)がささって、それで亡くなった方いるんですよ、その、あの検査で、はい、はい。だから、痛いとか、そこは嫌とかっていうことも大事みたいですよ、ええ。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧