※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:38歳(2013年5月)

関西地方在住。就学前の子ども2人と夫の4人暮らしである。子育て中心の毎日を送っており、特に気になっている病気もないため、健康診断を積極的に受けているわけではない。がん検診も自分にはまだ遠い話である。ただ、自治体主催の0次健診というのが5年に1度実施されており、それは受けたことがある。0次健診には無料の託児がついており、とても助かった。子育てや仕事で忙しい若い人たちへの検診には、豪華でなくても良いので受けやすい環境が必要だと思う。

―― 今、よく、何かこう、身近に感じるがんとしては、じゃ、乳がんと。

子宮がん。

―― あ、子宮がん。

あのー、友人でも罹っている率が、やっぱり頸がんがとっても、多く話を聞くので、うーん……。

―― 頸がんのほうは、えー、検診、ま、今受ける…ような体制になっていますかね、こちらの市は。

いや、なっていないですね。なっていないです。あ、そのクーポンは、あ、対象年齢が、多分あります、自治体で。きっとわたしがまだ回ってきていないだけで、うん、確かあると思います。はい、あ、あります、あります、すみません。去年、おととしかなんかあった。ちょうど妊娠時期で、したばっかりだったので、しなかったんです。ていうことは、37歳かな、のときに、あります、確か、はい。

―― そうですか。とまあ、あれですかね、結構、若いときから、子宮がんと乳がんは意識していますか。

心のどこかでみたいな感じですね。何か、こう自分が罹るっていう意識が、その、……誰も皆さんそうだと思うんですけども。ないので、最近はね、あの、予防医学で、あのー、女優さんが、こう、乳房を切ったとかそういうのがニュースになっているので、また、何か、こう、あの、……何でしょう……気になるキーワードにはなっているんでしょうけど。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧