※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:60歳
インタビュー時:76歳(2013年9月)

関東地方在住。夫と二人暮らし。これまで二度大腸がんと診断され、手術で切除した。検診は受けてこなかった。最初に診断されたのは60歳のときで、その3年ほど前から便秘や下痢などの便通異常があったが放っておいた。しかし、医療者である親類の強い勧めもあり、受診したところ、がんが見つかり内視鏡で手術を受けた。がん検診については、何もしないでも悪くならないがんまで見つけてしまうこともあり、必ず受けなければいけないとは思わない。

―― 実際、がんってわかった時に、どんなお気持ちだったんですか。

まあちょっとはショックでしたね、やっぱりがんだって言われたら。ほんとに、やっぱりがんだったんだ、って思ったんですけどね。だけどまあ、しょうがないと思って、どうにかがんのまんま10年ぐらい生きられるぞ、なんて思ったんですけどね。

―― ご家族に話された時の反応とか、どうだったんですか。

家族も、まあ、わたしがそんなことですから、「ああ、そうなの?」ぐらいなもんで。もう主人なんか忘れてますね、わたしががんになったっていうこと。全然、冷たいのかな(笑)。そうですね。だから、あんまり、まあ娘はちょっと、がんかなってびっくりしてたみたいですけれども。あとは、ああそうだ、妹とかそういうのは、やはりみんな心配してたかもわかんないですね。わたし、あんまりちょっと記憶にないけれど。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧