診断時:46歳
インタビュー時:47歳

2000年に炎症性乳がんの診断。化学療法、乳房切除術、放射線療法。

語りの内容(テキストのみ)

去年の夏、ある日曜日の夕方のことでした。私は机の上にあるペンをとろうと腕を伸ばして、右の乳房にひどい痛みを感じたのです。その前に、乳首がとてもむずがゆい感じがあったのですが、乳首のむずがゆさは、特に疑いを持ちませんでした。しかし、痛みとしこりを感じたとき、私はすぐいやな予感と不安に襲われ、どうしたらいいかわからなくなりました。病院では検査の連続でした。針による吸引では決定的な確証は得られず、翌朝もう一度吸引がなされて疑わしい所見があると出ました。それで私は一時間後に生検の予定だと言われ、ちょっとしたパニックが私の中をかけめぐるのを感じました。そのころ、私の乳房は炎症で腫れあがり、本当に赤くなっていて、とても、とても痛かったのです。生検が行われたときも、このうえなく痛かったです。マンモグラムもとても痛かったです。健全な乳房でさえうんざりするほど痛いのです。炎症をともなう病気にかかっていればなおのこと、たいへんに痛みました。生検の結果を待っている間、行き先のないピンと張ったロープの上を歩いているような気分でした。とても恐ろしかったです。それは、実際に医師と対面して悪い知らせを受けたときよりも、もっと悪い気分でした。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧