診断時:60歳
インタビュー時:82歳

1979年に乳がんの診断。乳房切除術、放射線療法、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

今日では、がん発見の設備が以前より充実しています。それにみんなのがんに対する認識も深くなりました。それにまた、人々の寿命が非常に延びているという事実があり、これも大きな要因だと思いますね。また、否定する人もいますけど、60年代や70年代におきた環境汚染もガンの原因ではないかと私は思うのです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧