診断時:60歳
インタビュー時:82歳

1979年に乳がんの診断。乳房切除術、放射線療法、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

また、当時の私にその選択肢はなかったわけだけれど、当時の私の年齢を考えると、インプラントや再建手術をしなかっただろうと思います。私は安定した結婚生活を送っていたので、人工乳房で十分でした。しかし、若い人や、若い夫を持つ人にとっては、これはもっと深刻な問題になると思います。また最近では、性問題についてとてもオープンになっていますが、私たちが育った時代はそうではなく、そのことも大きな違いのひとつだと思います。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧