プロフィール

インタビュー35

診断時:60歳
インタビュー時:82歳
1979年に乳がんの診断。乳房切除術、放射線療法、タモキシフェン投与。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

その結果、私は1月まではタモキシフェンを飲んでいました。担当医はそう思っていないみたいですけど、タモキシフェンをやめて以来、タモキシフェンに対する離脱症状が少し出ていると私は思っています。服用期間が長かった上に、急にピタリと服用を止めてしまったのですから。あんまりひどくはないのですけど、多少ほてりのような症状が続いていて、また離脱症状がおこるのではないかと思っています。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12120 (17) { ["term_id"]=> int(36) ["name"]=> string(21) "タモキシフェン" ["slug"]=> string(9) "tamoxifen" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(36) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(14) ["count"]=> int(9) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "7" ["cat_ID"]=> int(36) ["category_count"]=> int(9) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(21) "タモキシフェン" ["category_nicename"]=> string(9) "tamoxifen" ["category_parent"]=> int(14) } }
同じテーマの語りを見る