診断時:70歳
インタビュー時:70歳

2001年に乳がんの診断。両側乳房切除術、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

私は現実主義者です。何かをするには根拠が必要だと考えていますが、いわゆる「代替療法」が有効なことを証明する証拠は今までに見たことがありません。
代替療法を行うことで安心する人もいるのかもしれません。それによって、エンドルフィンが分泌されるのでしょう。この脳内麻薬が分泌されることで、気分が高揚していい気持ちになるのです。マッサージも、おいしいディナーも、セックスもそうです。エンドルフィンは様々な活動によって分泌されます。でも、私には水泳という他の方法があります。今でも毎朝1キロ泳いでいます。傷口が治ると同時に、1カ月以内に始めました。それ以上早くは医師が許してくれませんでした。でも、水泳以外には興味がありませんでした。私は水泳が代替医療だとは考えていませんし、気分がよくなるためにしているだけのことです。私は完全に現実主義者なのです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧