診断時:70歳
インタビュー時:70歳

2001年に乳がんの診断。両側乳房切除術、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

傷跡については問題ありませんでした。私は手術室看護師です。一般の方とは違います。傷跡は仕方のないものですから、気になりませんでした。私は両側の乳房切除術を受けたわけですが、乳房を失って悲しいかと聞かれたら、正直な答えはノーです。私にはこの60、70年間、乳房がありました。私自身と同じように若々しかったその乳房も、もう役目を果たしました。乳房がなくても私は一人前なのです。乳房を失ったことは、大きな問題ではありませんでした。パッド入りブラジャーをしているのは、そうしないと服を着たときにおかしいから、ただそれだけの理由です。それ以外のことは、本当に全く気にしていません。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧