診断時:70歳
インタビュー時:70歳

2001年に乳がんの診断。両側乳房切除術、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

とにかく私はできるだけ早く手術を受けなければならなくなり、両側の乳房切除術を決めました。これは最初の大きな問題でした。骨と肝臓の検査をして問題ないことがわかり、転移していないとわかりました。ませんでした。でも、私の背骨の椎間板が突出していて、そのことを考えると私は身体が大きいので、片方だけに大きな乳房がついていたら、バランスが悪いと思いました。そこで医師に相談したところ、両方の乳房を切除することに同意してくれました。それは、わたしが背中にかかる体重と姿勢が心配なのを考慮してなのか、最初からその予定だったのか、もしくは別の理由があったのかはわかりません。乳房が残っていたら、ずっと不安が残っていたと思います。再発は怖かったので、最終的には正しい選択でした。片方の乳房にはがんはありませんでしたが、初期の細胞変化である硬化症はありました。ですから、切除は悪いことではありませんでした。外見を整えるのもずっと楽になりました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧