診断時:59歳
インタビュー時:62歳

1998年に乳がんの診断。乳房温存手術、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

すばらしい特別なリンパドレナージマッサージ(註:リンパ排出マッサージ。うっ滞したリンパ液を自然の循環に戻す手技)を受けました。そのマッサージを受けるのは、心理的にとても良いんです。なぜって、誰かがちゃんと何かをしてくれていると感じるからですよ。また実際に、そのマッサージによって腫れがひいたと思います。

――それで、発病前にやっていたことを今はすべて自分でやっているわけ? 腕の具合も良くなった今、車の運転もしているの?

ええ、そうです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧