インタビュー内容テキスト

治療を受けるようになった時、それを公にしようと私は決心しました。私は地域でよく知られた顔だったし、いわゆる特別な立場にいたからです。

乳がんだと診断された時、私はその年の10月に個人で行う絵画展覧会を初めて開く予定でした。そんな時、癌だと診断されたのです。どうしたらいいのだろう?と思いました。このまま続けるべきか、すべてをやめてこう言うべきか。「だめ。私は続けられない。」と。でも、私はそのように負けてしまってはいけないと思いました。やり続けなければ、それを何としてもやらなければ。私に目標を与えてくれるものだから。そうして私は化学療法を受けている間、その年を通して絵の準備を続けました。やがて展覧会の時がやってきた時、偶然にも乳がん啓蒙週間と重なりました。そこでBBCの同僚たちは、私とともに仕事をするよい機会だと決心したのです。番組の中で私は髪を失い、かつらをつけていました。化学療法を終了して手術を待っている状況でした。いえいえ、違いました。私はまだ化学療法の最中でしたが、それも終わりに近づいていました。そうして私は家でインタビューを受け、オーカムで展覧会を終えたのでした。本当に興味深い体験でした。でも、私は癌に直面している人たちを勇気づけたかったのです。

その後、私は別の番組をする機会も得ました。治療が終わった翌年でした。私の髪はまだもとに戻らず、少し生えてきたところでした。髪が生えてきたのは見てわかったし、それがひとつのヘアスタイルでもありました。でも私はまだたいていの時はかつらをつけていました。娘と私はチャリティーのためのフリーマーケットのような番組に出演するよう招待されました。私たちは癌の研究のためにそれをしたかったのです。別のチャリティーを目的にする別のグループもありましたが、私たちが受け入れられ、フリーマーケットをすることができたのです。

そして最初の収録の日、私はかつらを着けていました。それは私たちが翌日売る予定のものを買い集めた時でした。翌日に私たちは別のフリーマーケットに行き、物を売って出来るだけたくさんのお金を得ようとしているところが収録されました。そして私は売り物にするためかつらを脱ぎました。人々にかつらをつけることを恐れてほしくなかったからです。人々が最初に番組で私を見た時に、私がかつらをつけているなんて全然気づかず、次の回の番組でかつらだったことを知る。そして、それはそんなに変に見えない。そういう思いが人々を勇気づけるに違いないと思ったのです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言