診断時:53歳
インタビュー時:56歳

1998年に乳がんの診断。乳房温存手術、化学療法、放射線療法、タモキシフェン、アリミデックス投与、がんの転移に薬物療法。

語りの内容(テキストのみ)

化学療法が行われた診察室は、すてきなカーテンや家具が置かれていて、病院らしい冷たい印象を与えないよう、まるで誰かの家の居間にいるかのようにくつろげるように、快適に過ごせるように工夫されていました。いずれにしろ、最初の治療の時はあまり気持ちのいいものではありませんでした。手の甲に針を刺し、それを生理食塩水の点滴に繋ぐんですが、そこから出ているチューブの15センチくらい下に小さな接合部があって、そこから5種類の異なる薬を注入するんです。5本の大きなシリンジ(注射器)が載せられたトレイが私の横に運ばれてくると、私は座ってただ片方の腕を伸ばし、それを見ないように反対の方向を向いていました。3つが化学療法の薬で、2つが吐き気止めの薬だということでした。化学療法で気分の悪くなる人が多いからです。でも私は運がよく、吐き気は起こりませんでした。治療の間中ずっと、気分が悪くなることはありませんでした。吐き気止めの錠剤も処方されていて、最初はきちんと飲んでいたのですが、吐き気の副作用はまったくなかったので2回か3回目の治療の後で飲むのを止めました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧