診断時:53歳
インタビュー時:56歳

1998年に乳がんの診断。乳房温存手術、化学療法、放射線療法、タモキシフェン、アリミデックス投与、がんの転移に薬物療法。

語りの内容(テキストのみ)

これからのことについて言えば、どうなっていくのかまったくわかりません。1ヶ月後に、また病院に行って経過を見るための検査だけをしてもらうことになっています。骨に転移したがんは治りません。それはある意味では理解できます。がんはここにあるんですから。医師たちはコントロールして、これ以上広がらないようにするんだ、というんですが、(この先のことは)誰も私にはっきりとは言ってくれません。たぶん彼らにもわからないんでしょうね。私が再び、まったく普通に歩けるようになるのか、それとももっと悪いことになって、最終的にはがんで死ぬことになるのか。ある意味、私はとても前向きに考えています。アリミデックスは確かに効いてる感じがしてますから。自分では、楽になっている感じがします。歩くのも、椅子から立ち上がるのも楽になっています。自分の中ではいろんなことが楽になっています。みなそれぞれ違うと思うんですよね。がんの種類もできる場所も、治療に対する反応も人それぞれですよね。ひとりひとり違うんで、エンジンの歯車の歯を1つ抜き取って、また戻して付ける、というようなわけにはいかないでしょう? みんな違うんです。ですから、今は調子がいいいけど、これからどうなるのかはわからないのが不安ですね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧