診断時:53歳
インタビュー時:56歳

1998年に乳がんの診断。乳房温存手術、化学療法、放射線療法、タモキシフェン、アリミデックス投与、がんの転移に薬物療法。

語りの内容(テキストのみ)

次に、タモキシフェンを服用しました。放射線治療が終わってから2~3週間後だったと思います。入院中から、タモキシフェンを処方することになるという説明は受けていました。通常の見込みでは、5年間くらい服用することになります。タモキシフェンの主な副作用は、何と言っても更年期の症状です。私はほてりがひどかったので、HRTを受けていました。乳がんと診断されて直ちにHRTを止めなければならなくなり、それからタモキシフェンを服用したのですが、ひどいほてりが再び起こるようになりました。それが一番辛いことで、私は1年中夏服を着ていました。本当に、これが最も悩まされたことです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧