診断時:55歳
インタビュー時:57歳

1999年に乳がんの診断。乳房切除術、放射線療法、化学療法。

語りの内容(テキストのみ)

たとえ泳ぎに行ったとしても、専用の水着を着なければなりません。自分の胸があることと同じことではないのです。そして医師が、新しい乳房をつけたいかどうか、私に訊ねてきました。私はnoと答えました。その手術は最悪だからと拒否しました。あまりにも大変だから、拒否しました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧