診断時:55歳
インタビュー時:57歳

1999年に乳がんの診断。乳房切除術、放射線療法、化学療法。

語りの内容(テキストのみ)

とにかく、病院へ行って医師にお願いをしたんです。私はこう言いました。ガンは乳房の前の部分、ちょうど乳首のところにあるから、そこの部分だけを手術すればいいのではないか、と。しかし医師は同意しませんでした。
「それでは75%の保障しか出来ないでしょう。だから乳房切除術が最善の方法です」と医師は言いました。私は乳房切除術について満足ではありませんでした。でも医師は乳房切除術を行った方が良いとも言ったので、最終的には同意しなければなりませんでした。 だから私は乳房全体を切除することをためらいました。そして、私は乳房切除術を受け、たしか8日か9日間入院をしたと思います。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧