診断時:48歳
インタビュー時:51歳

1998年に乳がん(非浸潤性乳管がん)の診断。乳房温存手術、化学療法、放射線療法。

語りの内容(テキストのみ)

私は他の女性たちから多くの助けを得ました。世の中には実にたくさんの勇敢でとても素晴らしい女性たちがいるのですね。本当に、乳がんは患者を成長させることになると思うの。そう言うのは本当はおかしいのかもしれないけれど、私は他の女性たちと姉妹のような絆をすごく感じたのです。
既に乳がんにかかったひと、いま乳がんになったひと、そんな女性たちの間に、こんなに良い感情が生まれ、お互いに連帯し、おたがいを気遣う、それはとても、とても素晴らしいことだと思いますよ。
たとえば、外出して乳がんにかかっている知り合いと会うとします。「お加減はいかが?」「私は元気よ。あなたはどう?」「元気よ」「次はいつ行くの?」「あら、もう行かなくちゃ。」 これは本当の仲間意識でとても快いものなの。素敵な親密感ね。(乳がんになったから知り合ったわけで)すごく良いことがご縁で生じたことじゃないのだけれど、でもやはりある種の親密感だわ。これで話はおしまい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧