診断時:39歳
インタビュー時:41歳

1999年に乳がんの診断。乳房切除術、化学療法、放射線療法、アリミデックス投与。

語りの内容(テキストのみ)

私たちはおびえ、高揚した気分、落ち込み、情報収集などを分かち合うことができます。誰かのためになることはないかとお互いに注意し合っています。
本当に多くの人が自分たちで集めた情報用のフォルダーを持っていて、書籍などあらゆる物を交換しています。楽しい時間を過ごし、よく笑います。今や私にとってとても大切な女性達が沢山いますよ。
最近、その内の一人を亡くしました。勿論これが病気の現実です。今後も親しい人を亡くすでしょう。私たちはみな同じ気持ちで、彼女が亡くなって淋しく思っています。私は彼女の為に祈ります。これが今できる精一杯のことだから。でも彼女が生きていた時にも最善を尽くしましたし、亡くなったのが私たちではないことは分かっています。これが現実で今後とも起きることでしょう。これがこの病気の特徴なのです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧