診断時:39歳
インタビュー時:41歳

1999年に乳がんの診断。乳房切除術、化学療法、放射線療法、アリミデックス投与。

語りの内容(テキストのみ)

私は肺動脈塞栓症を患っていたので、腫瘍チームは術後の治療薬としてタモキシフェンはおそらく適応ではないと考え、アリミデックスに決めました。タモキシフェンについては多くを聞いていたし、実際、乳癌患者を延命させることが出来る奇跡の薬と聞いていたので、(それが使われないということに)初めは少しうろたえました。しかし、このアリミデックスも同じように有効だと説明されなっとくしました。
時々一過性のほてりがあってそれはかなり気持ちが悪いものです。それを抑えるのに少しいらいらするするかも知れません。でも時が経つに連れ、一旦それがどういうものであるか分かれば気が楽になり、気にしなくなります。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧