インタビュー時:72歳(2015年7月)
疼痛期間:4年
診断名:不明

首都圏在住、妻(家族インタビュー02)と二人暮らし。東日本大震災が起きた2011年3月、仕事で腰をひねり痛みがひかなくなった。近所の整形外科で、「腰痛なので安静にしているように」と指示されたが改善せず、仕事を続けることが困難になって辞めた。約半年後に行った別の病院では「脊柱管狭窄症」と言われたが、痛み止めを飲んでも全く改善しなかった。2013年4月に、近所の医師の勧めで神経内科を受診したところパーキンソン病と診断され、そちらの治療も受けている。今も痛みは続いている。

プロフィール詳細

瀬戸さん(仮名)は、関東地方で妻(家族インタビュー02)と二人暮らしをしている。現在は自宅で療養しており、仕事には就いていない。妻は、老人ホームの栄養サービスの仕事に就いており、朝早くに出勤し夕方に帰宅している。2人の子どもは既に独立した。

2011年3月に仕事で重い荷物の上げ下ろしをしたときに腰をひねり、その3日後に東日本大震災が起こって家がつぶれるなどしてショックを受けたことが関係しているのか、腰の強い痛みが始まった。近所の整形外科では安静にしているように言われ薬を出されたが改善が見られず、半年後に別の病院を受診して「脊柱管狭窄症」と言われた。素人には判定基準がないのでわからないが、それ以来同じような治療をずっと受けているが、よくならないのは何か変だと思う。妻も脊柱管狭窄症ではないと言っている。

その後も痛みは続き、仕事を辞めざるをえなくなった。パーキンソン病と付き合うようになってからは2年半くらいになる。現在は、腰や背中を、ゴツゴツした鉄の玉のようなものがゴロゴロと動いて擦れるような感覚の痛さがある。下半身が思うように動かず、また、シャワーを浴びるために腕を伸ばす動作などが不自由ある。痛みは、人と話をしていたり、スポーツの新聞記事を読んでいたりするときには紛れることがある。昼食時の薬を飲む前は、痛みが強くてパニックになるが、薬を飲むと落ち着いて、夜寝る前が、一番元気がいい。

医師に対しては、説明が不足していることと、症状に変化がないにもかかわらず処置や薬の種類が変わらないことについて、すっきりしない気持ちを抱いている。

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧