※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー39

インタビュー時年齢:29歳(2015年4月)
にきびの治療薬の治験(詳細不明)に参加したが、自己都合で中止。
北陸地方在住。2005年頃、顔面のあざ(太田母斑)の治療を受けていた皮膚科で、にきびの塗り薬の治験を紹介され、既存の薬とは別のものを試したいと思い参加したが、進学に伴う生活の変化で続けられなくなり同意撤回した。参加中はCRCといろいろな話ができ、気分転換になった。後日、にきびの治療薬を処方された際、主治医から治験のときの薬だと知らされた。

詳しいプロフィールを見る

治験が終わってだいぶたってから、やはり、症状が再発してしまったので、受診した時に、当時治験にかかわって、治験を勧めてくださった先生をもう一度受診した時に、先生が処方してくださって、そこで「これ、実は治験やってた薬だよ」っていうのを教えてもらって、「あ、そうなんだ」と思ったんですけど。
ただ、いつ承認されたかっていうのはわかんなかったし、自分のやったものが出回ってるっていうことも知らなかったんですけど、ただ(薬剤師として)仕事をしていて、だいぶ前からこの薬あるなっていうのは、その時にちょっと思ったような覚えがあります。自分が治験終わってから、そんなにたたないうちに承認されたのかなっていうような気が、今はしています。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12192 (17) { ["term_id"]=> int(28) ["name"]=> string(21) "結果を知ること" ["slug"]=> string(5) "kekka" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(28) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(6) ["count"]=> int(16) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(28) ["category_count"]=> int(16) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(21) "結果を知ること" ["category_nicename"]=> string(5) "kekka" ["category_parent"]=> int(6) } }
同じテーマの語りを見る