※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー34

インタビュー時年齢:71歳(2015年4月)
大腿骨頸部骨折の手術後に服用する薬の治験(詳細不明)に参加。
北海道在住。2010年ごろ、大腿骨頸部骨折で入院する際に骨折患者で体が健康な人を対象とした治験に誘われた。骨折直後のことで何のための薬かも覚えていないが、人の役に立てると思って参加した。入院中に薬を1日2回飲み、エコー、心電図等の検査を受け、造影剤を入れてレントゲン撮影をした。撮影の際、今でもその跡が残るほど足首を締めつけられて痛かったが、誰かの役に立ててよかったと思う。

詳しいプロフィールを見る

―― では、治験っていうのは、お薬飲むのは、それがまだ販売されてないお薬とかで、人のために、体で試して、効果があるんだったら市販される、新しいお薬として売られるとか、そういうことが主になるんですけれども、その試された治験のお薬がその後どうなったかとかっていうのは、知らない?

はい。全然知らない。

―― 主治医の先生に聞いてもいない?

あ、聞いてもいないと。いないです。

―― 例えば、今ここに主治医の先生がいたとして、あの、聞いてみたいと思いますか。

いえ、特別思わないですね。うん。

―― 自分のデータがどうなったのかなとか。

思わないですね。期間も短かったですし、全然その後は思ってないです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12192 (17) { ["term_id"]=> int(28) ["name"]=> string(21) "結果を知ること" ["slug"]=> string(5) "kekka" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(28) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(6) ["count"]=> int(16) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(28) ["category_count"]=> int(16) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(21) "結果を知ること" ["category_nicename"]=> string(5) "kekka" ["category_parent"]=> int(6) } }
同じテーマの語りを見る