プロフィール

インタビュー13

インタビュー時年齢:40歳(2014年1月)/女性
腎臓がん治療の【1】経口薬の治験(詳細不明)に参加したが、副作用で中止。その後、【2】点滴薬の治験(詳細不明)にも参加したが効果が得られず中止。
東北地方在住。2006年に腎臓がんと診断され、右の腎臓を摘出。その後、肝臓と肺に転移が見つかり、点滴薬で治療していた。手術ができる状態ではなかったため、他の治療法を探していたところ、セカンドオピニオンのために受診した病院の医師から、治験【1】の話を聞いた。2008年から約3年間、治験に参加したが、副作用が出たため中止。自分に合っている薬だったので非常にショックだった。2013年に点滴薬の治験【2】に参加したが、効果が見られず数ヶ月で中止になった。2012年に治験【1】の経口薬が承認されていたので、現在はその薬を飲んでいる。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

―― そのCRCさんと話をしたということなんですけども、その時にはどういうような説明があったかっていうのを聞きたいんですが。具体的に、例えば副作用の話とかそういう話って、きちんと説明とか受けられましたか?

はい。受けられました。まず治験がどういう仕組みなのかということで、その同意。同じように同意をしていただいて、やめることもできるしとか。あと、何て言うのかな、病院に来た時の流れとか。ちょっと他の患者さんとは扱いが違うよっていう。何て言うんですかね。遠くから参加してる人もいるので、診察とかそういうのも別流れというか。ちょっと早めに診てもらえるとか、ちょっと優先的にできますみたいな感じでしたけど。

で、そのあとに、もう一回、同意するか考えてきてくださいという形で、一旦持ち帰って。もう一度、最初の病院の先生ともちょっと話をしたいんですなんて言って。でも、心の中では決めていたようなものなんですけど。やりたいって。ぜひやりたい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12193 (17) { ["term_id"]=> int(43) ["name"]=> string(30) "事前説明:説明の内容" ["slug"]=> string(7) "ic-what" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(43) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(2) ["count"]=> int(17) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(43) ["category_count"]=> int(17) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(30) "事前説明:説明の内容" ["category_nicename"]=> string(7) "ic-what" ["category_parent"]=> int(2) } }
同じテーマの語りを見る