※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー01

インタビュー時年齢:76歳(2012年11月)
関節リウマチ治療薬の治験(第何相試験かは不明・プラセボ対照ではない)に参加。
北関東在住。1987年に関節リウマチと診断され対症療法を受けていたが、次第に悪化。1997年、夫が見つけてきた新薬開発の新聞記事を頼りに、大阪の大学病院を受診。1年半待って1999年に大阪の総合病院で新薬の治験に参加。最初は入院して点滴を受けたが、1か月ほどで痛みや浮腫が消えた。その後は4週間に1回、大阪まで新幹線で通院した。2008年4月に薬が承認され、地元の病院でも治療を受けられるようになった。

詳しいプロフィールを見る

うーん。嫌だったなっていうのは、それに、治験受けるために大阪通い始めて、もう4週間に1回ずつ行かなきゃならないから、行ってきた日ぐらいは、1週間ぐらいは安心なんですよ。でも、またもう、「あ、来週はまたいかなきゃならない」っていう、それは、大変だったですね。

もう冬なんて、例えば、その総合病院に着くのに、えーと、2時ぐらいになるんですよ。ですから、普通に行けば、普通に行けばっていうか、夜が明けてから行ったら。でも、6時間かかるんですよ、その病院まで。だから、採血が2時で終わりなんですよ。それ前に入らなきゃならないから。ていうのは、うちを朝の6時ごろ、もう冬なんで真っ暗なときに起きて、そして、主人がもちろん(近くの)駅まで送ったり、少し離れた駅まで送ったりしてくれたから、家族にうんとお世話になったし、主人都合悪いときは息子が送ったりして、それはもう大変だったんです。嫌なことはそれ。

それと、あと、冬なんてもう、大阪を夕方、前の日に注射して、翌日様子を見て帰りなさいって言うから、2時ぐらいに出ると、もううちに着くの真っ暗なんですよ。そうすると、真っ暗だし、また家族が迎えて行ってくれて、それはもう大変な、騒ぎで、そういうのは大変でしたね。嫌だったというか、迷惑掛けたし、嫌だったですね、嫌だといえば。ええ。もう、そのストレスが(治験が終わってからの通院も含めると)もう十何年間。ほっとしたのはつかの間で、また行かなきゃならないっていう、それは大変だったですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12193 (17) { ["term_id"]=> int(40) ["name"]=> string(24) "日常生活への影響" ["slug"]=> string(7) "seikatu" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(40) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(5) ["count"]=> int(10) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(40) ["category_count"]=> int(10) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "日常生活への影響" ["category_nicename"]=> string(7) "seikatu" ["category_parent"]=> int(5) } }
同じテーマの語りを見る