インタビュー時:58歳(2010年9月)
関係:次女・嫁(両親と義父を介護)
診断時:実母81歳、実父87歳、義父85歳(89歳で逝去)が診断されたのは介護者54~56歳の頃
2006年に実母、2007年実父、2009年義父がそれぞれ脳血管型認知症になる。介護者は元中学校の教員。義父・夫・長男の4人暮らし。実母の診断時、両親は2人暮らし。しばらくして三女が同居。介護は長女と3人姉妹で分担した。次女である介護者は仕事を辞め、3年間遠距離介護を行った。実父が認知症になった後は、施設を数カ所利用後、両親は夫婦で有料老人ホームへ入所したが、2年後に実父が逝去。その間に義父が認知症となる。現在は、入所の実母と、デイケア利用の義父の介護中。

この人の語りを見る

プロフィール詳細

東海地方に住むF.K.さんは、実母、実父、義父の3人の認知症介護を体験している。最初に認知症になったのは母だった。電話で同じことを繰り返すので、「ちょっとぼけてきた」と思っていたところ、認知症と診断され、デイサービスに通うようになった。父は母のデイサービスに付添っていたが、交通事故を何回も繰り返すようになった為、車に乗ることをやめてもらったところ、一気に認知力が落ちてしまった。義父は、心臓手術後の状態が悪く、4回の入退院を繰り返しているうちに、名前が出てこない、なぜ病院に居るのか分からないという状態になった。義父の場合は、両親の介護体験があったので、認知症が始まったと直ぐに思った。

一番困ったのは、母が父に対して暴力的な言葉を吐くようになったことと、隣人を泥棒呼ばわりしたために、近所付き合いがぎくしゃくしてしまったことだった。父親の場合は、こだわりが強過ぎることや作話傾向で苦労した。、義父の場合は、朝デイケア行きを嫌がったことで、家で面倒をみてあげられないことへの後ろめたさも感じて、ストレスが貯まった。

ストレスの発散は、リラックスヨガと、同じような境遇で介護をしている友達との会話。分かってくれる人と話さないと「大変ねえ」と言われても、分かってもらえていないと感じる。

F.K.さんは、両親を施設に入れたことが結果的に父親の病状を進行させ、死期を早めてしまったのではないかと思っている。だから義父に対しては、実父にしてやれなかったことをやってあげたいという気持ちがある。デイケアでは介護士さんがきめ細やかに見てくれて、個人の嗜好に合わせて対応してもらえていたが、ショートステイになるとスタッフが変わって、1日中ぼーっと過ごしているので、預かってもらう方も苦しい。デイケアとショートステイが一緒になっている施設があるといいと思う。

F.K.さんが家族を介護するようになってから変わったことは、兄姉妹との仲。兄とは認識の違いでけんか別れしてしまい、現在は姉妹で協力しながら介護を続けている。また、義理の姉の協力があまり得られず、ストレスがたまってしまい、自らも心療内科に通うようになった。自分たちが年をとったときには、子どもに世話をかけないように、自分で自分の身を処せるように準備しておこうと、夫と話している。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言