※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:68歳
インタビュー時:70歳(2009年3月)

中国地方在住で、妻と2人暮らし。近隣に娘夫婦が住んでいる。2006年、市の健診でPSA値が4を超えていて、近隣の総合病院にかかり、がんと診断を受けた。この病院で治療を受けることはできなかったので、インターネットで情報を集め病院を探し、2007年2月、県内の総合病院で全摘除術を受けた。グリーソン・スコアは9と悪性度が高かった。現在はPSA値も安定していて、3ヵ月に1回の通院で経過を見ている。

それで、まあ、いろいろ知識を集めて情報を集めてみると、たくさんある処置の仕方の中で、ちょうどね、孫が生まれる、まもなく生まれるというときだったんですよ。それで、放射線を埋め込むというのは、妊婦さんに近づくなとかですね、小さい子どもを抱くなとか、それがありましたもんですからね。それはもうそれだから除外したんです、はい。 最初の孫ですからね、はい。それを抱くなと言われたらね、やっぱりちょっと考えますよね、はい。

――お孫さんとの時間を大事にしたいと。

はい、そうです、そうです。そういうことです。

――もしお孫さんが、そのときに誕生されてなかったら、小線源療法は?

選んだかもしれませんね。はい。

――それは、やはり大きい。

はい、大きいと思います。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧