※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:68歳
インタビュー時:70歳(2009年3月)

中国地方在住で、妻と2人暮らし。近隣に娘夫婦が住んでいる。2006年、市の健診でPSA値が4を超えていて、近隣の総合病院にかかり、がんと診断を受けた。この病院で治療を受けることはできなかったので、インターネットで情報を集め病院を探し、2007年2月、県内の総合病院で全摘除術を受けた。グリーソン・スコアは9と悪性度が高かった。現在はPSA値も安定していて、3ヵ月に1回の通院で経過を見ている。

それでね、その、ちょうど2年ぐらい前ですかね、その頃、あの、大きい病院のね、全国の、あの、情報を開示するようなことになりましたよね。それ、インターネット調べて分かったんですよ。それはもう、診療科別に、月別に1年間にどれだけの手術をしたかというのが、全部分かるんですよ。で、県内でも7ヶ所か8ヶ所、全部あったですね。だから、手術、小線源、あの、カプセル埋めるあれなんかは、医大しかできない。あと、広島と岡山でしかできない、いうふうなこともありますし。 それで、病院もやっぱり調べてみましたよ。調べてみると、まあ、素人ですからね、手術の、年間の手術をして、前立腺がんの手術をした件数が出てますからね。素人考えで、外科手術というのは、数をたくさんしたほうが、やはり、あの、うまくいくだろうという判断ですよね。それで、少ないとこ落としていったんです。それで、違うまた東のほうのね、病院に。ま、そのときにもう一つはね、あの、ま、若いお医者さん勉強もせないけん、してもらわないけんのですが、あんまり、ねえ(笑)、試験台にされても困るので(笑)、よってたかって、勉強のために、まあ、必要なんでしょうけどね。それも嫌だなと思って、選んだんですね、決めました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧