※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:60歳
インタビュー時:60歳(2008年5月)

東海地方で妻と2人暮らし。定年を迎え、海外シニアボランティアになるために2007年秋に受けた健康診断でPSA値が9.1と出た。地元の開業医では3ヵ月後に再度受診といわれたが、不安になって泌尿器科の専門病院に行って生検を受けたところ、前立腺がんと診断された。手術件数の多い病院に転院して、2008年1月に前立腺全摘術とライナックを用いた放射線療法を受けた。妻も同時期に乳がんの診断を受けている。

PSAの健康診断をしたことによる死亡率の低下はないということがアメリカで研究発表されて、それで厚生省のほうでどうこうっていうことで、地方自治体がですね、PSAの健康診断をなかなか追加しようとしていないですね。それに対して、がんにかかった人の掲示板でも問題になっとるんですけど、やはりPSAの検査っていうのは健康診断で絶対やるべきだと。非常に今増えてますし、で、その、前立腺がんの人が確かに、高分化がん、中分化がんの人が8割を占めておるんですけど、低分化がんの人も2割いるわけですよね。そういう人たちのためにもですね、PSAの検査を、ぜひともですね、健康診断の中には入れていただくと。で、50歳過ぎたら必ずやると。会社の健康診断でもPSAは入ってないんですね。そういうことでPSAというのは非常に重要である、ということで、ぜひとも健康診断の中に入れて欲しい。ただ血液検査をするだけですから。胃がん検診とか、ああいうのに較べて非常に楽ですから、ぜひともこういうものは入れていただきたいと、そういうふうに思っております。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧